ハイパーEV開発 駆動力制御試験

ハイパーEV開発 駆動力制御試験

オリジナルの4輪独立駆動1.1MW EVレーサー(E-runner2016)を用いて、ハイパーEVの駆動系制御システムを開発しています。
最適駆動力配分と最適スリップ率維持による加減速制御、旋回時横力に応じたスリップ率制御、の試験を行いました。

実験の結果を、ハイパーEVの車体設計に反映させます。


共同研究:東京大学 堀・藤本研究室 (制御アルゴリズム)
協賛:dSPACE Japan株式会社 (高性能車載コンピューター及びモデルベース開発環境)
協賛:東京計器株式会社(GPS/INS複合慣性航法装置) 
対照実験ドライバー:タジマモーターコーポレーション 粟津原 豊(全日本ラリー選手権 優勝経験者)


[採用情報]

タジマEVではEV開発エンジニアを募集しております。