タジマEVx東京大学堀藤本研_登壇者

12月14日(金) 東京大学 堀・藤本研究室とタジマEVによる共同研究の成果報告会を実施しました

タジマEVでは、東京大学 福武ホールにおいて『東京大学 堀・藤本研究室とタジマEVによる共同研究の成果報告会』を実施しました。

タジマEVと東京大学 堀・藤本研究室では、EV車両運動制御に関わる共同研究について、「ハイパーEV開発車」を用いて様々な研究開発および実験を繰り返し行ってまいりましたが、この度一定の成果を得るに至りましたので、成果報告会ならびにその技術を活用する新開発車両の発表を行いました。

弊社代表、田嶋伸博の概要説明に続き、東京大学 堀・藤本研究室 布施氏から実験成果についての報告、車両スタイリングを担当するKEN OKUYAMA DESIGN代表の奥山清行氏からコンセプトスケッチが発表された他、各企業および官公庁(国土交通省、経済産業省、環境省、いわき市)から電気自動車および環境問題への取り組みが発表されました。

タジマEVでは、今回発表した各車両の開発・発売に向けて邁進して参ります。


※タジマEVは各種EVの開発及び生産に、日本の優れたサプライヤー各社との協業を募集しております。詳しくはお問い合わせください。
お問い合わせ先: project@tajima-ev.com

【本会で発表した新開発車両】

6輪ハイパーEV Monster E-Runner KODE6
  • 【1】6輪ハイパーEV MONSTER E-RUNNER Kode6
    概要:世界最高の性能とスタイリングを持ったハイパースポーツカー

  • 【2】グリーン スロー モビリティ E-RUNNER GSM1
    概要:観光地や施設内の人員輸送を目的とした低速車両
    (今後は自動運転化、ドライバーレス化も目指す)

  • 【3】超小型モビリティ(乗用) E-RUNNER ULP1
    概要:2名の近距離移動に最適化させた国内向けと海外向け仕様も展開

  • 【4】原付4輪(デリバリー) E-RUNNER MD1
    概要:小型で利便性の高い、デリバリー用の原付4輪バン

  • 【5】原付4輪(ライフケアビークル 電動車いす搭載) E-RUNNER MLC1
    概要:電動車いすで運転が可能な利便性の高い原付四輪

【発表登壇者(敬称略)】

  • 【1】一般社団法人 電気自動車普及協会 名誉会長 福武 總一郎
    メッセージ
    (代読:一般社団法人 電気自動車普及協会 理事・事務局長 椎木 衛)

  • 【2】株式会社タジマEV 代表取締役会長兼社長/CEO 田嶋 伸博
    新EV事業化計画概要

  • 【3】東京大学 堀・藤本研究室 修士2年 布施 空由
    堀・藤本研究室 ✕ タジマEV共同研究発表
    独立駆動制御の研究成果発表

  • 【4】株式会社タジマEV 執行役員 次世代パワートレイン事業部長 石井 眞二
    Monster Motor System 開発概要

  • 【5】KEN OKUYAMA DESIGN 代表 奥山 清行
    新EV コンセプト概要

  • 【6】フォーアールエナジー株式会社 代表取締役社長 牧野 英治
    フォーアールエナジー事業概要

  • 【7】Global Head of Sales of Easy Mile, Eric WICART
    ドライバーレス新サービス事業概要

  • 【8】KDDI株式会社 ビジネスIoT営業推進部 グループリーダー 福田 博文
    EVのIoTサービス概要

  • 【9】株式会社テクノプロ 代表取締役兼専務執行役員 テクノプロデザイン社社長 嶋岡 学
    EV社会実現に向けた人材開発

  • 【10】国土交通省 総合政策局環境政策課 課長補佐 三重野 真代
    グリーンスローモビリティ

  • 【11】経済産業省 経済産業政策局 産業創造課 課長補佐 豊福 亘
    第4次産業革の取り組み

  • 【12】環境省 環境再生・資源循環局 次長 森山 誠二
    福島再生・未来志向プロジェクト

  • 【13】福島県いわき市 市長 清水 敏男
    いわき市バッテリーバレーをはじめとする活動紹介