出光興産によるカーシェアリング実証実験がスタート、タジマ超小型EVが岐阜県・高山市を駆ける

出光興産によるカーシェアリング実証実験がスタート、タジマ超小型EVが岐阜県・高山市を駆ける

出光興産株式会社(トレードネーム:出光昭和シェル)による「超小型EVを活用したMaaS事業の実証実験」において当社の超小型EVが採用され、岐阜県・高山市での実証実験がスタートしました。

実証実験に用いられる車両は「タジマ・ジャイアン超小型モビリティ」に、KDDI株式会社が提供するカーシェアリング予約システムを搭載したもので、計7台の超小型EVを地域のSS事業者(牛丸石油株式会社)に貸与し、一般と法人を対象にカーシェアリングサービスを提供するものです。

一般向けサービスは、地元企業や道の駅の駐車場5ヵ所をステーションとし、地元住民や観光客などに、買い物や観光スポット間の近距離移動の足としてカーシェアリングサービスを提供します。法人向け サービスは、地元企業に車両を貸与し、平日は営業車としての使用、休・祝日は、一般向けにカーシェアリング車として貸し出されます。

タジマEVは、パートナー企業と連携し、"EV社会"の可能性を追求した Mobility Life Design事業の開発を進めています。

出光興産株式会社 ニュースページ>>

 

 

[採用情報]

タジマEVではEV開発エンジニアを募集しております。

当社ではお客様の仕様に合った車体の研究用EV、試作EV、EVを用いた実証実験を受託可能です。お気軽にお問い合わせください。